フ レ キ シ ブ ル 養 殖 業
・[模型]のカテゴリー
クド絵、クド同人描きのえびすけのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 トラックバック(-) コメント(-)

BB戦士のカンタン仕上げ

今回は塗装についてちょっと書きますね
と言っても完成度を極める「模型」というよりBB戦士の楽しみ方の一つという感じで紹介させてもらいます
自分はBBは部分塗装でカンタン仕上げ派なのでそれについて

シールを貼るのみでも良いのですが少なくとも設定色を一通り再現するために足りない部分を塗装するのですが武者頑駄無(三国伝も大体一緒)に限っていえば塗料は赤、金、銀の3色あれば実はほとんどのキャラクターをカバーできるんですよね (物によっては白や黒もあると便利)

世の中にはガンダムマーカーという便利な物もありますが個人的には全部マーカーを使用するのはオススメできません まずメリットは手軽、と言うのが挙げられますがデメリットとしては

・細かいところに塗装がしづらい
・BB戦士特有のギミックを再現中に剥がれやすい
・色によって当たりはずれがある

などなど ハズレ色はBBでも使う白、赤などが挙げられます 細かい部分には塗料を出して筆で塗るなどの解決法はありますがそれをするくらいならいっそのこと剥がれにくいラッカー塗料を併用してはどうでしょう

ラッカー系塗料のメリット
・剥がれにくい
・混色可能 色数も多い   など

最近はミスターカラーだけじゃなくガイアカラーというラッカー系塗料が出ていますがコレの白は特にオススメ 隠蔽力が強いのでサフレス(下地無し)で仕上げることが多いBB戦士にピッタリです
溶剤が必要などめんどくさいこともありますがマーカーのみだった人は一度おためしあれ


ネット中には模型講座サイトはたくさんありますがジャンルが違えば要る情報も違います 個人的にBBを塗る上で一番ネックだと思ったのが「金色の塗装」
ガンプラモデラーからすれば百式塗り(シルバーの上にクリアオレンジ、クリアイエローと重ねて金を表現する塗装法)すればいいじゃん!と言われますが、BB戦士の場合塗装する部分が細かいのでエアブラシで塗るにはマスキングが厄介、筆で塗るにははみ出、ムラが出やすいなど結構難しいものです またBBユーザーの場合キットを沢山買う(だよな?)のでよりいっそう手間がかかる(ここ重要)
なんで、へっぽこライトモデラーの自分は元々「金」の塗料を使うことをオススメします

ですがその金の塗料が厄介でして・・・


現在カンタンに手に入る金色塗料 ミスターカラー、ガイアカラー、ガンダムマーカー このぐらいでしょうか

・ガンダムマーカー
一番お手軽です このサイトでは武者シリーズに主に使用しています 
ガンダムマーカーの中で特に隠蔽力が高く、黒の下地の上でも一発塗りで大体色が乗ります
色もメッキパーツの色味に近く光沢もなかなかですが時間により若干劣化します
余談ですがあまり厚く重ね塗りするとごてごてなりやすいので注意

・ミスターカラー
コレも手に入りやすい おそらく真鍮あたりの金色の金属粒子で出来ています
筆で塗る際表面がざらざらになりやすいのと色が赤っぽいのであまりオススメできません

・ガイアカラー
最近試したのですがなかなか綺麗に仕上がります このサイトでは三国伝キットに使用しています
銀色の金属粒子と黄色系のクリア塗料で出来ている塗料で筆で塗ると比較的百式塗りに近い色味になります
弱点としては粒子が分離しやすいところ 自分は塗料瓶の時点で薄めておいて常にかき混ぜて使うことによってカバーしています

古いBB戦士にはガンダムマーカーが、可動部が多くメッキがない三国伝にはガイアカラーが適しているかと思います ガンダムマーカーは剥がれやすいのがちょっとね・・・
まあ個人的な使用感ですのでいろいろ試してもらえるといいかと 

オマケ
コピックモデラーの0番(消し、ぼかし用ペン) なんとガンダムマーカーはおろかラッカー塗料のはみ出した部分も消せます ちょっとゴシゴシ擦る必要がありますが
ガンダムマーカーの消しペンは消えすぎるという方は是非 通常のコピックの0番で同様の効果があるかは試してません


さて、誰かの役に立つといいのですが

2007年07月07日 トラックバック(-) コメント(0)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。